群創、従業員72人解雇で波紋

液晶パネル世界大手の群創光電(イノラックス)が18日に、従業員72人を突然解雇したことが話題を呼んでいる。一部では「不当解雇ではないか」との声も上がっているが、群創は「法的な問題はない」としている。21日付経済日報などが伝えた。

台湾メディアによると、従業員は18日に出社した際に解雇を通知された。そのまま帰宅して解雇手当の支給を待つよう指示されたという。対象となった従業員の一部が、地元メディアに訴え出たことから騒ぎが拡大した。

群創は今回の解雇について、競争力を維持するために半年に1度行っている人員評価の結果だと強調。成績が振るわない従業員を対象に半年にわたる再訓練や指導を実施し、現状にそぐわないと判断した従業員を主管機関に報告した上で解雇したとし、法に基づいた処分だと主張した。その上で「現在の台湾の従業員数は約3万人。解雇された72人は全体の0.2%にすぎない」と説明している。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

5月の輸出額は同月最高更新 3カ月連続成長、従来型製品が好調(06/22)

テイクオフ:訪れた各地で地元の人に…(06/22)

鴻海、米TV大手ビジオに2500万米ドル出資(06/22)

TSMC、7・9ナノ生産能力が前年比倍増(06/22)

パネル各社3Qにも赤字に、群創顧問が懸念(06/22)

二輪車販売5月も停滞、前年同期比1.3%減(06/22)

米鉄鋼輸入制限、経済部「クオータ制で交渉」(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

台塑が高付加価値製品に注力、売上比率3割に(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン