民間シンク、経済は下降局面 政府判断と差開く、専門家懸念も

韓国経済の先行きについて、民間シンクタンク3機関が軒並み「下降局面にある」と診断した。製造業の生産や輸出、投資に関する指標が3月と4月に低迷したことや、経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数がここ半年、下落傾向が続いている点などが理由だ。韓国政府の楽観的な…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国のケーブルテレビで…(08/20)

超大型燃料電池発電所を建設 副生水素利用、ハンファが主導(08/20)

自営業者の税務調査免除、経営環境悪化で(08/20)

国民年金基金、「2057年に破綻」と発表(08/20)

HKTDC、韓国食品の販売拡大で協定(08/20)

検察のカルテル捜査可能、公取委の告発なしに(08/20)

現代自やLG電子、トルコ進出企業が緊張(08/20)

7月自動車産業、国内販売がプラス転換(08/20)

テレビ通販各社、モバイルサイト中心へ(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン