民間シンク、経済は下降局面 政府判断と差開く、専門家懸念も

韓国経済の先行きについて、民間シンクタンク3機関が軒並み「下降局面にある」と診断した。製造業の生産や輸出、投資に関する指標が3月と4月に低迷したことや、経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数がここ半年、下落傾向が続いている点などが理由だ。韓国政府の楽観的な…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、カナダに7カ所目のAIセンター(11:18)

テイクオフ:17年も待ちました——…(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

韓進会長が在宅起訴、裁判では実刑判決も(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(10/17)

製造業、10~12月期の景況見通しが悪化(10/17)

労働時間短縮で余暇時間増、会社員の6割(10/17)

9月の輸入物価指数、9.7%上昇(10/17)

韓国公社、越都市鉄道事業拡大へ提携を推進(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン