• 印刷する

ニコン、江蘇子会社の解散手続きを開始

ニコンは18日、昨年10月から操業を停止している江蘇省無錫市のカメラ生産子会社、ニコンイメージング(チャイナ)の解散手続きを開始すると発表した。

ニコンイメージング(チャイナ)は2002年に、ニコンが全額出資する香港子会社が100%出資して設立した。ニコンの中国での唯一のカメラ生産拠点として、デジタルカメラやデジカメ用ユニットを手掛けていたが、スマートフォンの普及でコンパクトデジカメの需要が世界的に縮小したことを受け、昨年10月に操業を停止した。ニコンによると、ピークの10年には約876万台を製造したが、16年には約175万台まで落ち込んだ。

ニコンイメージング(チャイナ)で生産していたコンパクトデジカメの一部機種はタイにある自社工場に生産を移管するという。


関連国・地域: 中国-江蘇日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節の24日、北京の…(09/26)

乗車には早めの行動必要 広深港高鉄ルポ(09/26)

日本含む米以外の市場を開拓 追加関税に対抗、中国政府(09/26)

衣料ユニバーサル、PEが買収 オンライン販売を拡充へ(09/26)

広深港高鉄の年間乗客8千万人へ、広鉄集団(09/26)

中国との取引難しい、米高官「ひどい行為」(09/26)

女性スポーツウエアのLJ、中国に店舗進出(09/26)

香港発の本土団体旅行、4Qに3割増へ(09/26)

中国外相「覇権主義に反対」、米制裁けん制(09/26)

サーバー製造各社、中国から生産ライン移設も(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン