• 印刷する

ニコン、江蘇子会社の解散手続きを開始

ニコンは18日、昨年10月から操業を停止している江蘇省無錫市のカメラ生産子会社、ニコンイメージング(チャイナ)の解散手続きを開始すると発表した。

ニコンイメージング(チャイナ)は2002年に、ニコンが全額出資する香港子会社が100%出資して設立した。ニコンの中国での唯一のカメラ生産拠点として、デジタルカメラやデジカメ用ユニットを手掛けていたが、スマートフォンの普及でコンパクトデジカメの需要が世界的に縮小したことを受け、昨年10月に操業を停止した。ニコンによると、ピークの10年には約876万台を製造したが、16年には約175万台まで落ち込んだ。

ニコンイメージング(チャイナ)で生産していたコンパクトデジカメの一部機種はタイにある自社工場に生産を移管するという。


関連国・地域: 中国-江蘇日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

高温と多い降水が特徴、18年気候公報(12:27)

現代自がベトナム販売網拡充、地場と新法人(17:02)

ぜいたく品購入意欲衰えず 景気悪化も、香港・本土とも旺盛(01/24)

テイクオフ:中国では一般的に日本の…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

中国と覚書8件、インフラ支援多く(01/24)

周大福の19年3月期、既存店売上高は伸び予測(01/24)

昨年の見本市・展示会3800回 3.5%増、施設乱立など問題も(01/24)

鴻海、1Qの中国人材需要は5万人(01/24)

マカオの18年旅行者、過去最高の3580万人(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン