騰訊の1Q決算、61%の増益

深セン市に本拠を構えるインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は16日、2018年第1四半期(1~3月)決算を発表した。純利益は前年同期比61%増の232億9,000万元(約4,046億5,700万円)。スマートフォン向けゲームなどが好調で、業績をけん引した。 売上高は48%増の…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 金融IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(19:49)

12月の新築住宅価格、上昇は59都市に減少(18:12)

MICE業界が長期苦境か 展示場不足やホテル料金上昇で(01/16)

テイクオフ:広州市の旧市街に「永慶…(01/16)

香港訪問の本土団体ツアー数、18年は3%減(01/16)

鉄鋼の過剰生産解消を達成 1.5億トン削減、2年前倒しで(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

本土客の香港旅行、平均消費2.1万ドル(01/16)

先端技術などに重点、今年のインフラ建設(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン