• 印刷する

サムスンが大立光電製を採用、カメラレンズ

17日付電子新聞によると、サムスン電子が台湾光学デバイス大手の大立光電(ラーガン・プレシジョン)のスマートフォン向けカメラレンズを採用したことが分かった。大立光電とは2016年まで特許訴訟を争った間柄だが、「実益重視」で調達に踏み切ったもよう。

中低価格のスマホモデル「ギャラクシーA6」シリーズに搭載した。これまでスマホ向けカメラレンズはセコニックスなど国内メーカーを中心に調達してきたが、価格競争力を高めるため大立光電製を採用した。

大立光電は13年11月、サムスンの米国子会社が製造したスマホ「ギャラクシーノート2」のカメラレンズが大立光の保有する特許を侵害したとして、侵害行為の差し止めと損害賠償を求めて米連邦地方裁判所に提訴。訴訟は16年まで続いたが、両社は和解に合意していた。

大立光電はスマホのカメラ向け光学レンズで世界最大手。米アップルの「iPhone」や中国製スマホ向けに供給し、成長を続けている。


関連国・地域: 台湾韓国
関連業種: 電機IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ウエアラブルロボの導入加速、現代・起亜自(12:08)

テイクオフ:韓国ではこれまで、企業…(10/23)

物流にブロックチェーン活用 サムスン、欧州でプロジェクト(10/23)

蔚山市、現代自と燃料電池車の普及で提携(10/23)

現代自、初級者向けレース大会を来年開催(10/23)

韓国企業がビメコと提携、スマート都市で(10/23)

中国企業のパネル人材獲得先、台湾から韓国に(10/23)

韓国GM新会社に仁川市反発、敷地回収検討(10/23)

租税回避防止「グーグル税」、韓国も賛同か(10/23)

「準租税」増加、法人税より大きく(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン