共用オフィスの貸出面積、2年で5倍に

米不動産総合サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、香港のコワーキングスペース(共用オフィス)の貸出面積は直近2年で従来の5倍に拡大した。市場の成長性を見込み、中国本土をはじめとする世界各地のコワーキングスペース運営会社が進出の動きを強め…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マカオの旅行物価指数、18年は1.88%上昇(18:54)

MICE業界が長期苦境か 展示場不足やホテル料金上昇で(01/16)

香港訪問の本土団体ツアー数、18年は3%減(01/16)

本土客の香港旅行、平均消費2.1万ドル(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

香港の1Q輸出「悪くない」、業界団体(01/16)

江蘇省、香港に「一帯一路」向け投資会社(01/16)

IT業界、待遇改善で従業員囲い込み(01/16)

女性取締役なし、香港は3割=ACWI銘柄(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン