金融当局、サムスンに圧力 循環出資の早期解消求める

韓国当局が財閥最大手サムスンへの圧力を強めている。金融委員会が、バイオ医薬品事業を手掛けるサムスンバイオロジクスの粉飾決算疑惑と創業家の事業継承問題との関連性を探る一方、公正取引委員会の金尚祚(キム・サンジョ)委員長はこのほど「グループ内の出資構造が不安定だ」…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

SKハイニックス、社内アイデアを事業化へ(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

現代自、EVのワイヤレス充電技術を公開(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン