小米のカメラ部門新設、大立光電などに恩恵

中国・北京を本拠とするスマートフォン大手の小米科技(シャオミ)がカメラ部門を携帯電話部門内に新設することがこのほど明らかになり、市場では小米にカメラレンズを供給している大立光電(ラーガン・プレシジョン)などが恩恵を受けるとの見方が強まっている。経済日報が伝えた…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ビール2本につきタマ…(05/22)

日台で電動二輪車用電池を開発 中油とTDK、年末までに合弁会社(05/22)

TSMCの7ナノ、6月にも出荷へ(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

聯発科技、ホームポッド廉価版にチップ供給か(05/22)

中国の格力、鴻海とロボット生産で提携(05/22)

群創、従業員72人解雇で波紋(05/22)

力晶、中国・ビットメインにメモリー供給(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン