• 印刷する

EV用充電施設、大都市では3キロごとに

インド政府は電気自動車(EV)用の充電施設について、人口100万人以上の大都市や環境配慮型都市(スマートシティー)では3キロメートルごとの設置を提案する方針だ。政府関係者の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が16日に伝えた。

充電網の整備は、EVの普及に向けた取り組みの一環。ただ、充電施設の整備は基本的に企業が担い、政府は旗振り役にとどまる方向だ。同関係者によると、充電施設を整備する企業には補助金が交付され、自治体からの用地の取得でも便宜が図られる。政府は、交通量の多い国道では50キロごとに施設を設置したい考えで、向こう3~5年間の設置数の目標は、普通充電器が3万基、急速充電器が1万5,000基だという。

充電網の整備には、火力発電公社(NTPC)やインド電力網公社(パワーグリッド)といった公営企業のほか、自動車大手のマヒンドラ&マヒンドラ(M&M)、配車アプリを展開するオラ(OLA)などの民間企業が関心を示している。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本から遠く離れ、気軽…(01/23)

ヤマハがスポーツで攻勢 300万台市場、今年6モデル超投入(01/23)

高級スクーター販売、市場全体の25%占める(01/23)

二輪TVS、18年10~12月は2桁の増収増益(01/23)

バジャジ、小型四輪キュートを3月に発売(01/23)

マイトラ、電動バス導入に10億ドル投資(01/23)

VWの排ガス不正問題、他メーカーを調査も(01/23)

川崎陸送、西ベンガル州で倉庫100棟設置へ(01/23)

プラバト、乳製品事業を仏ラクタリスに売却(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン