日系投資、民政移管後で最高 17年度、製造・建設が伸びる

日本からミャンマーへの直接・間接を合わせた投資額が2017年度に14億7,800万米ドル(約1,630億円)となり、11年の民政移管後で最高となったことが16日分かった。経済成長を見込んで、製造業や建設業を中心に伸びた。 ミャンマー投資企業管理局(DICA)のジャパンデスクが…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属製造一般金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

国内企業の景況感は悪化傾向 商議所調査、政権交代の恩恵薄く(05/28)

計画・財務相の辞任を承認、後任人選へ(05/28)

蒸留酒大手ペルノ・リカール、緬市場に参入(05/28)

ロヒンギャ難民58人帰還、独自に(05/28)

ヤンゴン川の東西結ぶつり橋、政府が計画(05/28)

携帯電話の普及率、110%超に拡大(05/28)

バガンへの来訪者、1~4月に23万人超(05/28)

天然ガス供給拡大で外資誘致促進、政府(05/28)

保健省、今年の看護師採用は前年比2倍(05/28)

新宝石法成立まで採掘免許の更新・発給停止(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン