ソウルの通勤時間、1日平均1時間半

韓国で通勤時間が最も長いのはソウル市で、出社に平均42分、帰宅に平均55分と、1日1時間37分を要することが分かった。国土交通省が16日、2016年の全国の通行量を分析した結果を発表した。

ソウルに隣接した地域も通勤時間が長い。仁川市が平均92.0分、京畿道が91.7分と、ともに90分を超えた。

一方、16年の韓国の通行量は10年に比べ10.4%増加した。このうち、乗用車の通行量が20.5%増えた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前は夜に散歩をしてい…(05/23)

民間シンク、経済は下降局面 政府判断と差開く、専門家懸念も(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

現代自動車グループ、再編計画を撤回(05/23)

現代自、リムジン新型モデルの内・外装公開(05/23)

韓国企業、スト起こした労働者を閉め出し(05/23)

4月の生産者物価指数、1.6%上昇(05/23)

若年層雇用関連の補正予算、国会で議決(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

雇用問題、懸念払拭に努める大統領府(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン