続落、米朝会談の不透明感嫌気=香港株式

16日の香港株式市場は小幅続落した。米株安に加え、米朝首脳会談の不透明感などが重し。ただ後場には買いの動きも強まり、下げ幅は限定的だった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比41.83ポイント(0.13%)安の31110.20で引けた。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

香港にAI実験室を設立 アリババ、スタートアップ育成(05/28)

香港イノベーション政策に警告、科技大など(05/28)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/28)

中銀香港、人民元預入限度額を1日2万元に(05/28)

HKEX、1年半売買停止で上場廃止可能に(05/28)

反落、石油銘柄が重し=香港株式(05/28)

中銀人寿、微信支付・支付宝と提携(05/28)

大橋周辺で交通規制、開通合わせ=運輸署(05/28)

海外航空18社が地名表記修正、民航局要求(05/28)

西区海底トンネル、27日から実質値上げ(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン