塗料大手5社が増収、海外堅調・原料高が逆風

【共同】塗料大手5社の2018年3月期連結決算が15日、出そろった。海外事業が堅調で全社が前期比で増収を確保した。ただ、純利益は原材料価格の高騰などが響き、ロックペイントと神東塗料を除く3社が減益になった。 関西ペイントの売上高は21.7%増の4,019億円だった。インドで自…

関連国・地域: 日本
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(17:01)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(17:01)

ヨシムラフード、水産加工メーカーを買収(20:44)

スリランカ、空港・港湾は平常通り(15:50)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:インドネシアは既に女性…(04/22)

IT産業、20年に需要40万人 越で深刻化する人材不足(下)(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

日東紡、台湾でガラス繊維強化 建栄を子会社化、電子材料向け拡大(04/22)

東南アジア主要6カ国に出店 3年以内に、菓子パンの八天堂(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン