リオの無人貨物鉄道、所要時間20%短縮に

英豪系資源大手リオ・ティントは、鉄鉱石輸送の無人貨物鉄道「AutoHaul(オートホール)」が本格稼働した場合、炭鉱から港までの所要時間が、有人の貨物鉄道と比べて20%短縮されるとの見方を示した。リオは、当局から必要な承認を得て、今年末までに同鉄道を稼働させるとしている…

関連国・地域: オーストラリア日本欧州
関連業種: IT・通信天然資源金融・保険建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある夜、キャンベラの高…(05/21)

豪サイバー攻撃、教育が標的 26%で最多、IT部門上回る(05/21)

英GFG、EV製造拠点をVIC州に変更か(05/21)

イクシスLNGの費用、予算を80億$超過へ(05/21)

BHPが事業拡大模索、時価310億米$増も(05/21)

三井住友Fが石炭火発融資見直し、豪が注目(05/21)

中国企業の海外不動産投資、1Qは27%減(05/21)

排出減目標、引上げなしで再生可エネ投資減(05/21)

WA州の企業景況感、7年ぶりの高水準(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン