株価続落、シングテルは2.6%安

15日のシンガポールの株式相場は続落。ST指数の終値は前日比22.23ポイント(0.62%)安の3,540.23。売買高は14億1,100万株、売買代金は12億6,100万Sドル(約1,037億円)だった。値上がり銘柄は174で、値下がりは252。 前日に引き続き通信・金融銘柄が下げを主導した。個別銘柄…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、自宅にあの独特の…(07/24)

シングテルが5G技術で試験 エリクソンと連携、実用環境整備(07/24)

6月消費者物価、0.6%上昇(07/24)

カネカ、GMP準拠の生産設備を本格稼働(07/24)

ヤンゴンの4~6月FDI、3.7億ドルに(07/24)

アルティメイカー、アジア太平洋拠点を開設(07/24)

不動産開発2社が新分野進出、事業買収で(07/24)

地場シェアハウス運営、香港の同業買収(07/24)

OCBC、今後2年で窓口業務の人員半数に(07/24)

株価反落、金融最大手DBSは1.0%安(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン