石油ガス4鉱区で新分配方式を適用

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、マルク州と南スマトラ州の石油ガス鉱区4カ所で、昨年導入した「総収益分配方式」を適用する契約を締結した。契約期間はいずれも20年間で、事業者による向こう5年間の投資予定額は計3億800万米ドル(約337億円)。 14日付ジャカルタ・…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(07/20)

バンテン州高速道路、上半期の交通量2%増(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン