バタム、35年までに商業地区5カ所を開発へ

インドネシアのBPバタム(=バタムフリーゾーン監督庁)によると、リアウ諸島州バタムで2018~35年に5カ所の中央商業地区(CBD)の開発が計画されている。建設費は総額506億9,000万米ドル(約5兆5,423億円)の見込み。14日付インベストール・デーリーが伝えた。 CBDの開…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:会社の専属運転手にまつ…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

国内初LRTの開業が延期 パレンバン、全面開業は9月(07/16)

山梨県がトップセールス、果物の魅力PR(07/16)

伊藤園、無糖ウーロン茶飲料を販売開始(07/16)

出光興産が潤滑油第2工場建設、8割増産へ(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

フリーポート現法の株式取得に38.5億ドル(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン