• 印刷する

W杯と選挙、GDP成長率を0.8%押し上げ

タイ商工会議所大学(UTCC)経済ビジネス予測センター(CEBF)は、6~7月に開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会と年央に実施される見通しの地方選挙が今年のタイの国内総生産(GDP)成長率を0.6~0.8%押し上げ、通年で4.2~4.6%成長するとの予測を示した。14日付ポストトゥデーが報じた。

タナワット所長によると、ワールドカップの経済効果は600億~700億バーツ(約2,060億~2,400億円)、地方選挙は300億~500億バーツとなり、GDP成長率をそれぞれ0.4~0.5%、0.2~0.3%押し上げる。

両イベントで恩恵を受ける産業は、飲料、テレビ、印刷物など。各社が抽選などのキャンペーンを展開するため、景品に利用される金製品の需要も拡大するとみている。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:路上に並ぶ顔、顔、顔―…(03/21)

【ポスト軍政】選挙後に交渉残すEEC開発 高速鉄道は未決着、見直しの声も(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

過去4年の投資認可額8兆円、54%がEEC(03/21)

車部品フォーチュン、インド工場が本格稼働(03/21)

ホンダ、セダン「アコード」の新型発表(03/21)

タイ日産、4月1日付で新社長が就任(03/21)

家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で(03/21)

建設プレビルト、不動産開発の事業比35%へ(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン