W杯と選挙、GDP成長率を0.8%押し上げ

タイ商工会議所大学(UTCC)経済ビジネス予測センター(CEBF)は、6~7月に開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会と年央に実施される見通しの地方選挙が今年のタイの国内総生産(GDP)成長率を0.6~0.8%押し上げ、通年で4.2~4.6%成長するとの予測を示した。14日付ポストトゥデーが報じた。

タナワット所長によると、ワールドカップの経済効果は600億~700億バーツ(約2,060億~2,400億円)、地方選挙は300億~500億バーツとなり、GDP成長率をそれぞれ0.4~0.5%、0.2~0.3%押し上げる。

両イベントで恩恵を受ける産業は、飲料、テレビ、印刷物など。各社が抽選などのキャンペーンを展開するため、景品に利用される金製品の需要も拡大するとみている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:試合開始の1時間前に着…(05/22)

1~3月GDPは4.8%増加 農業が回復、通年4%超え予想(05/22)

4月のメーカー別車輸出、増減が半々(05/22)

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

レムチャバン―コンケン貨物線、国鉄が承認(05/22)

フアヒン空港、PPPで拡張の見通し(05/22)

積水化成品工業、東部に生産拠点を新設へ(05/22)

グッドイヤー、年内にラジアルタイヤ増産(05/22)

寝具の米ベッドギア、販売店20カ所開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン