• 印刷する

W杯と選挙、GDP成長率を0.8%押し上げ

タイ商工会議所大学(UTCC)経済ビジネス予測センター(CEBF)は、6~7月に開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会と年央に実施される見通しの地方選挙が今年のタイの国内総生産(GDP)成長率を0.6~0.8%押し上げ、通年で4.2~4.6%成長するとの予測を示した。14日付ポストトゥデーが報じた。

タナワット所長によると、ワールドカップの経済効果は600億~700億バーツ(約2,060億~2,400億円)、地方選挙は300億~500億バーツとなり、GDP成長率をそれぞれ0.4~0.5%、0.2~0.3%押し上げる。

両イベントで恩恵を受ける産業は、飲料、テレビ、印刷物など。各社が抽選などのキャンペーンを展開するため、景品に利用される金製品の需要も拡大するとみている。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年初めから連載を始め…(08/16)

【スタートアップの挑戦】車を所有から共有へ アプリで副収入、旅行者増追い風に(08/16)

BMWのPHV販売比率、上期16%に拡大(08/16)

航空庁、LCCの運賃上限を28%引き下げ(08/16)

タイ政府、ラカインのエビ養殖事業を支援(08/16)

グラブ、10月のモトGPでパイロット事業(08/16)

首都8道路、20日からタンクローリー禁止(08/16)

CP系新興不動産、トンローに超高級コンド(08/16)

工業団地アマタ、ミャンマーなどに子会社(08/16)

上期の燃料消費、3.8%増の283億リットル(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン