4月9日の投資委員会認可事業

タイ投資委員会(BOI)は、4月9日の会議で27件の事業を認可した。日本が出資する事業では泰国三菱商事、シャープ・タイ、協成タイ工場、ソーデナガノ(タイランド)などが認可を受けた。

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 経済一般・統計金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ経済が上向いている…(07/24)

地域の統合、密輸も増える 模倣との闘い(上)9割は中国製(07/24)

1~6月のメーカー別車輸出、6社がプラス(07/24)

フォード、レンジャーの10速ATモデル投入(07/24)

航空庁、チェンマイとプーケットに第2空港(07/24)

空港鉄道、価格交渉決裂で車両改造を断念(07/24)

マンダレーなどで農業地帯整備、計画策定へ(07/24)

子ども用品コンクン、タグ付け替え疑惑(07/24)

サイアムラート、チェンマイ空港駐車場開発(07/24)

旭化成、車向け樹脂コンパウンド工場を増強(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン