フック首相、ビンファストの工場を訪問

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は13日、ベトナム投資グループ(ビングループ)の子会社で自動車の生産を目指すビンファストの工場を訪問した。自国の自動車産業の発展に寄与するとして、取り組みを評価している。ベトナム・ニュース(VSN)が伝えた。

ビンファストは、北部ハイフォン市のカットハイ経済区に335ヘクタールの生産拠点を構築。まずは今年第3四半期(7~9月)に、電動スクーターの発売を計画している。

フック首相は「政府や党が目指す『自分たちでコントロールできる経済』の構築にあたり、ビンファストの自動車生産は重要な意味を持つ」と話した。ビングループがコングロマリット(複合企業)として、正しい道を進むことに期待を示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

PPP案件の投資で新政令 課題の政府保証、改革は見送り(05/24)

大型バイク市場に発展余地、ホンダに期待(05/24)

ベンツ、新型SUV「GLC200」発売(05/24)

3空港の拡張・建設、総額116兆ドン必要(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

一時輸入品の保管、新政令で60日以内に(05/24)

外国人の住宅購入、1~4月で2千件(05/24)

ビングループ、18年は5割増益を計画(05/24)

韓国カムシス、越法人を第2の本社へ育成(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン