香港の禁書カフェ閉店、客激減=経営立ちゆかず

【香港共同】中国本土の禁書を扱っていた香港の繁華街コーズウェイベイ(銅鑼湾)のブックカフェ「人民公社」が閉店したことが13日、分かった。ここ数年客が激減したことに加え、良質な禁書も減り、経営が立ちゆかなくなったため昨年末に閉店を決めた。経営者のトウ子強氏が明らか…

関連国・地域: 香港
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

双十一で高まる越境EC需要 香港が首位、販促活動の動きも(11/13)

ヤンゴン、東部のドライポートが開業(11/13)

フォングループ、貿易摩擦逆手に商機模索(11/13)

米中貿易戦、サプライチェーン再編を促進(11/13)

香港と英国、FTA視野に交渉=英高官(11/13)

船舶燃油ストレーツ、香港同業の株式取得(11/13)

日系イベント情報(11月1回目)(11/13)

徳島県が観光PR、来月から季節定期便も(11/13)

18年のマカオ旅行者、7%増と予測=観光局(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン