香港の禁書カフェ閉店、客激減=経営立ちゆかず

【香港共同】中国本土の禁書を扱っていた香港の繁華街コーズウェイベイ(銅鑼湾)のブックカフェ「人民公社」が閉店したことが13日、分かった。ここ数年客が激減したことに加え、良質な禁書も減り、経営が立ちゆかなくなったため昨年末に閉店を決めた。経営者のトウ子強氏が明らか…

関連国・地域: 香港
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

科技大、本土AI企業と共同研究(12:47)

中小企業の大半が見通し楽観 経済悪化認識も、大湾区に商機(03/26)

来月導入の任意医療保険、週内に商品発表へ(03/26)

中小型株の売買を活発に、HKEXが案検討(03/26)

反落、29000の節目割り込む=香港株式(03/26)

台風22号、保険金請求額は29億$に(03/26)

米スポーツ用品大手、香港に地域本部開設へ(03/26)

出所不明の香港ウナギ6トン、台湾などから(03/26)

トリドール傘下の雲南麺チェーン、海外進出(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン