• 印刷する

テイクオフ:脱自動車政策を掲げるシ…

脱自動車政策を掲げるシンガポール政府は、公共交通機関の整備に力を入れている。先日も国内7つ目のMRT(地下鉄・高架鉄道)路線の建設計画を公表したばかり。路線バスの整備・再編も進めており、新たな路線を開設したり、ITを取り入れたスマート車両を導入したりと動きが活発だ。

政府がリアルタイムのバスの運行データを一般に提供していることもあり、バスの到着時刻を調べられるスマートフォン向けアプリも複数ある。当方はグーグルマップで目的地までの行き方を検索し、交通当局の公式アプリで到着時刻と車内の混雑状況を調べるのが常となっている。

非常に便利だが、これもスマホを使いこなせてこそ。知り合いのシンガポール人マダムは「バスは訳が分からないから、結局乗るのはMRTばっかり」とこぼす。アナログのバス路線図や時刻表も、もう少し改善の余地があるかもしれない。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン