パナが純利益58%増、車載機器・産業向けが好調

【共同】パナソニックが10日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比8.7%増の7兆9,821億円、純利益が58.0%増の2,360億円で増収増益となった。車載関連や産業向けの事業が好調だった。19年3月期も増収増益予想で引き続き復調を見込むが、電池を供給している米電気自動車…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

不動産ITツバイスペース、豪で事業展開へ(20:19)

電通、地場の同業レダーを完全買収(18:46)

テイクオフ:シンガポールは東南アジ…(03/20)

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

人脈広げコンテンツ輸出増へ 総務省がイベント、映像見本市(03/20)

2月の新車販売は1.8%減に 商用車2桁減、SUVがけん引役(03/20)

韓国化粧品、日本で存在感 低価格帯戦略が奏功(03/20)

アップルが新アイパッド、品ぞろえ強化(03/20)

アフリカで3国間協力を加速 インド工業連、日本など5カ国と(03/20)

九州など5県、香港フィルマートに出展(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン