日本通運、チャンギ空港で大型看板掲示

日本通運は11日、シンガポールのチャンギ空港とドイツ・フランクフルト空港で今月から大型看板広告を掲示すると発表した。

日通は、現在取り組んでいる3カ年の経営計画の下、従来のビジネスモデルや企業風土から脱却し、世界の大手企業と競える「真のグローバルロジスティクス企業」となることを目指している。

この戦略の一環として、企業ブランドの認知度向上を目的に広報・宣伝活動を推進。東南アジア、欧州のハブ空港としてビジネス客の利用が多い両空港に大型看板を設置することを決めた。チャンギ空港では、第2ターミナルの入国エリアで12月まで掲示する。

広告で使用する「EXPRESS YOUR BUSINESS」のコピーは、個別の需要に応じて物流サービスを提供し顧客の事業展開を加速させるという企業姿勢を、英語の社名「NIPPON EXPRESS」にかけて表現した。


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 商業・サービス運輸・倉庫マスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:窓から真っすぐに伸びた…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

マハティール新政権の動向注視 二国間関係の行方、専門家に聞く(05/23)

金融庁、日本との通貨スワップ協定を改定(05/23)

株価反落、ベンチャーコープは2.7%安(05/23)

保健庁、医療機器の登録制度を緩和(05/23)

車内カメラの搭載、6月から新ガイドライン(05/23)

SIAと米ポインツ、マイル交換で提携(05/23)

ブレッドトーク、中国の紅茶ブランドと合弁(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン