• 印刷する

日本通運、チャンギ空港で大型看板掲示

日本通運は11日、シンガポールのチャンギ空港とドイツ・フランクフルト空港で今月から大型看板広告を掲示すると発表した。

日通は、現在取り組んでいる3カ年の経営計画の下、従来のビジネスモデルや企業風土から脱却し、世界の大手企業と競える「真のグローバルロジスティクス企業」となることを目指している。

この戦略の一環として、企業ブランドの認知度向上を目的に広報・宣伝活動を推進。東南アジア、欧州のハブ空港としてビジネス客の利用が多い両空港に大型看板を設置することを決めた。チャンギ空港では、第2ターミナルの入国エリアで12月まで掲示する。

広告で使用する「EXPRESS YOUR BUSINESS」のコピーは、個別の需要に応じて物流サービスを提供し顧客の事業展開を加速させるという企業姿勢を、英語の社名「NIPPON EXPRESS」にかけて表現した。


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 運輸サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

10月新規車両登録は2%増 前月から伸び減速、乗用車が不振(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

ICMG、地場社と起業支援事業で提携(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

3カ国の大手銀、イノベーション拠点を開設(11/16)

金融庁、サンドボックス認可までの期間を短縮(11/16)

地場T&T、シンガ社と物流センター設置(11/16)

金融庁、非上場企業向けファンドを設立(11/16)

株価反発、キャピタランドは1.3%高(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン