• 印刷する

テイクオフ:韓国の外国人に対するポ…

韓国の外国人に対するポリシーが変わる。

まず、出入国管理事務所は出入国外国人事務所に名称を変更するが、これは「管理」という言葉がネガティブなイメージを持っていることが理由という。外国人に優しいイメージを作る狙いがあるのかもしれない。

また、「外国人」という言葉を加えることで専門性の高さを表現した。19カ所ある出入国管理事務所は、業務量などによって6カ所の主要事務所と13カ所の出張所に分類する。業務の効率化を図る目的があるようだ。

出入国および韓国内の滞留外国人登録業務が1961年に外務省(当時)から法務省に移管されてから、その関連業務と役割は徐々に大きくなってきた。韓国人を含め、韓国を出入りする人は昨年、8,000万人に達した。今後もその人数は増える見通しだ。本格的なグローバル時代に対応するためにも、必要な措置と言える。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日韓商工会議所の会議が延期、徴用工判決で(15:57)

現代自が米大学と協業、モビリティー分野で(18:24)

ミニストップの現法買収、ロッテらが名乗り(18:24)

CJ、南米で飼料用アミノ酸工場を増強(18:13)

韓国、ラオスへのインフラ支援拡大へ(11/19)

テイクオフ:テイクアウトのコーヒー…(11/19)

3Dで服のサンプルを製作 東大門、ファッション業界に変化(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

10月輸出額22.7%増、操業日数増加で(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン