• 印刷する

テイクオフ:韓国の外国人に対するポ…

韓国の外国人に対するポリシーが変わる。

まず、出入国管理事務所は出入国外国人事務所に名称を変更するが、これは「管理」という言葉がネガティブなイメージを持っていることが理由という。外国人に優しいイメージを作る狙いがあるのかもしれない。

また、「外国人」という言葉を加えることで専門性の高さを表現した。19カ所ある出入国管理事務所は、業務量などによって6カ所の主要事務所と13カ所の出張所に分類する。業務の効率化を図る目的があるようだ。

出入国および韓国内の滞留外国人登録業務が1961年に外務省(当時)から法務省に移管されてから、その関連業務と役割は徐々に大きくなってきた。韓国人を含め、韓国を出入りする人は昨年、8,000万人に達した。今後もその人数は増える見通しだ。本格的なグローバル時代に対応するためにも、必要な措置と言える。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

テイクオフ:平日昼間にソウルの地下…(03/26)

小田急がソウルに直営ホテル 20年5月開業、観光需要取り込む(03/26)

現代自、FCVの増産計画を1年前倒し(03/26)

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(03/26)

LPG車が乗用車登録が可能に、PM2.5対策(03/26)

ベトナム航空、韓国路線に最新機導入へ(03/26)

ルノーサムスン、クロスオーバー車投入へ(03/26)

ネイバー動画サービス強化、MCNと提携か(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン