• 印刷する

テイクオフ:昼食時になると、どこか…

昼食時になると、どこからともなく漂ってくるご飯を炊くにおい。オフィスの同じフロアには4つの会社が入居している。この中の誰かが、米を炊いているようだ。

においをたどってみると、給湯室にこじんまりとした一合炊きの炊飯器が置かれていた。モクモクと上がる蒸気とともに、おいしそうな香りを漂わせている。

そういえば、久しく自分で米を炊いていない。船便ではるばる台湾へやって来た炊飯器は、台所の奥にしまったまま。何度かチャレンジしたものの、水の量を間違えたのかそもそも水の質が違うのか、せっかくのコシヒカリもうまく炊けず、放り出してしまった。

それにしてもこの炊飯器の持ち主、家ならまだしもオフィスで炊き立ての米を食べようとは、よほどのグルメらしい。台湾人ならではのおいしい炊き方を知っているかも。給湯室で待ち伏せして、弟子入り志願してみようか。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バットから放たれた白球…(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

ASUS、インドのノートPC市場で存在感(04/25)

科妍、仏マコファルマと販売ライセンス契約(04/25)

生活用品最大手の小北百貨、500店展開へ(04/25)

「餃子の王将」、台北1号店が27日オープン(04/25)

東元、トルコアイス「MADO」1号店開店(04/25)

外食の王品、上海に新ステーキレストラン(04/25)

20社超が参加、長春金融大楼は泰安産険が落札(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン