三菱自動車は黒字転換、日産効果も寄与

【共同】三菱自動車が9日発表した2018年3月期の連結決算は純利益が1,076億円だった。前期の純損益は燃費不正問題の影響で1,985億円の赤字だったが、2年ぶりに黒字転換した。軽自動車などの販売が好調だった。日産自動車と企業連合を組んだことによるコスト削減効果も寄与した。…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(18:05)

マクアケが韓国同業と提携、日韓で出資募る(18:51)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

トレノケートが台北に拠点 クラウド活用、現地企業と戦略提携(07/16)

サービス業は個別研修に人気 人材育成(下)日本品質で差別化を(07/16)

公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

トヨタの1~6月販売、13%減の2.6万台(07/16)

対米貿易黒字が13.8%拡大 摩擦激化も、上半期税関統計(07/16)

日立ハイテク、アマタとシェア工場(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン