• 印刷する

18年の中国人観光客、180万人予想=観光相

カンボジアのタオン・コン観光相によると、2018年にカンボジアを訪れる中国人観光客数が180万人になる見通しだ。外国人観光客全体では600万人を見込んでいる。高棉日報(電子版)が伝えた。

同相は中国人旅行客が年々増加し、19年には240万人、20年には260万人に達するとの見方を示した。カンボジアは従来、20年までに中国人旅行客を年200万人誘致することを目標に掲げていた。

今年1~3月にカンボジアを訪れた外国人旅行客は前年同期比11%増の160万人で、中国人旅行客は80%増の50万人と特に高い伸びを示した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

輸出手続きの簡素化、政府は6千万ドル減収(01/22)

ワールドブリッジ、貴重品輸送で米社と提携(01/22)

18年の税収、13.4%増の約22億ドル(01/22)

地場アモリー、首都北部で連棟型住宅を開発(01/22)

郵政省、中小企業支援で業界の課題など調査(01/22)

不動産詐欺、登記や開発案件の有無に注意を(01/22)

カンボジアなどに20年で17校寄贈、自民有志(01/22)

EUのコメ課税は貿易法違反 商業省が批判、法的措置も検討(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン