18年の中国人観光客、180万人予想=観光相

カンボジアのタオン・コン観光相によると、2018年にカンボジアを訪れる中国人観光客数が180万人になる見通しだ。外国人観光客全体では600万人を見込んでいる。高棉日報(電子版)が伝えた。

同相は中国人旅行客が年々増加し、19年には240万人、20年には260万人に達するとの見方を示した。カンボジアは従来、20年までに中国人旅行客を年200万人誘致することを目標に掲げていた。

今年1~3月にカンボジアを訪れた外国人旅行客は前年同期比11%増の160万人で、中国人旅行客は80%増の50万人と特に高い伸びを示した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

縫製・港湾が増益確保 18年1~3月期、3社は不振(05/28)

火力発電事業など閣議承認、13.5億ドル規模(05/28)

全産業適用の最低賃金法、草案が閣議承認(05/28)

建設労働者の社会保障、企業に加入呼び掛け(05/28)

縫製協会とシンガ企業、太陽光発電で提携(05/28)

国際金融公社、持続可能農業の仕組み構築へ(05/28)

喫煙関連治療に1.6億ドル、保健省が警鐘(05/28)

アンコールワット、遺跡部門で2年連続首位(05/28)

【予定】28日 ILO年次総会ほか(05/28)

【人事】薬王堂副社長に西郷喜代子氏ほか(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン