首都の川沿い開発、中国企業が高層ビル計画

カンボジアの首都プノンペン中心部にあるトンレサップ川沿いの土地で、中国企業が高層ビル計画をはじめとする大規模開発プロジェクトを提案している。クメール・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

開発地となるのは、チュロイチョンバー橋(日本カンボジア友好橋)とナイトマーケット間の9.25ヘクタールの土地。政府が3月、土地の分類を「国家公的使用地」から「国家私的使用地」に変更したことに伴い、民間投資の受け入れが可能になった。

上海証券取引所に上場している不動産開発企業、広州粤泰(ユエタイ)グループが24階建ての高層ビルの建設計画を提案。同区域の北側半分はプノンペン自治港(PPAP)が運営し、南側は舗道などになっているが、土地分類の変更は広州粤泰グループの計画に備えたものとみられている。

政府から同グループの計画に関する公式発表はまだない。同区域の地価は3億3,000万米ドル(約361億8,000万円)から5億5,000万米ドルに上昇している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

証券取引委、投資ファンドの規定導入へ(05/18)

ANZロイヤル銀を買収 Jトラスト、成長市場に照準(05/18)

〔寄り道〕その男はまだ「死んで」…(05/18)

17年の対英輸出は5%増、輸入は2.1倍に(05/18)

商業省、燃料価格上限の設定維持へ(05/18)

台湾合作金庫銀の2営業所新設、中銀が認可(05/18)

JCインター航空、プノンペン―貴陽線開設(05/18)

農業マッピングを全国展開、3年内に(05/18)

国境マーケット、越政府と年内完工を確認(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン