• 印刷する

テイクオフ:「俺も歴史の一部になり…

「俺も歴史の一部になりたくなった」。総選挙前日、マレーシア華人の家人が起き抜けに突然言い出した。

その日は、自宅の近所で野党連合の大規模な演説会が予定されていた。ネットニュースを読んで政権批判はするものの、実際に反政府デモに参加したり、演説会に足を運んだりしたことのない「床屋政談」型の彼いわく、「『歴史が変わったあの瞬間、俺は家にいました』とは言いたくない。演説会に行く」。

その夜は、シュプレヒコールを上げて声を枯らし、出店で「改革」とプリントされたTシャツを買い込むくらい楽しんだようだ。当日は早朝から投票所に並び、一票を投じると早速インクに染まった指の写真をSNSに投稿していた。

60年かけて築き上げたシステムに守られた、この国での政権交代は容易ではない。しかし、草の根の人々があきらめなければ、いつか道は開けるのだ。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビルの入館登録をするた…(02/19)

容積率の制限で地価低下も KL市、市場の持続的成長を模索(02/19)

りそなビジネスセミナー、2年ぶりに開催(02/19)

RM=27.0円、$=4.08RM(18日)(02/19)

タッチンゴーのRFID、登録者10万人突破(02/19)

MAB巡礼サービス、当面は既存機材で対応(02/19)

航空券予約は3週間前、木曜出発がお得(02/19)

サイバージャヤの開発事業、建設作業に遅れ(02/19)

エアビー、個人民泊の届出手続きせず(02/19)

従来型メディア広告、18年は9%減(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン