• 印刷する

政府開発銀、クラーク開発でマレー社に融資

フィリピンの基地転換庁(BCDA)は9日、ルソン島中部タルラック州の新都市「ニュー・クラーク・シティー(NCC)」の開発に関し、政府系フィリピン開発銀行(DBP)がマレーシアのインフラ開発・建設大手アロイMTDと、95億ペソ(約200億円)の融資契約を締結したと発表した。アロイは、NCCの中核となる行政センターの建設費の一部に充てる。

アロイMTDの現地法人アロイMTDフィリピンのニコラス・デビッド社長によると、同社が建設する行政センター「ナショナル・ガバメント・アドミニストレーティブ・センター(NGAC)」の第1期の事業費130億ペソの約75%に相当する。事業費の残りはアロイ側で調達する。同事業は、官民連携(PPP)により、BCDAとアロイの合弁事業として進める。

NGACは、今年1月23日に着工した。各政府機関の災害時バックアップオフィス、2019年の東南アジア競技大会(SEAゲーム)向けの陸上競技場(収容能力2万人)やプール、選手村を含む第1期の開発面積は40ヘクタール。アロイは19年10月15日の完工を目指している。BCDAとアロイは、段階的に面積200ヘクタールをNGACとして開発する計画だ。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン