• 印刷する

7つ目のMRT路線が26年開業、西部に

シンガポールのコー・ブンワン運輸相兼インフラ調整相は9日、西部に国内7つ目のMRT(地下鉄・高架鉄道)路線となる「ジュロン地区線(JRL)」を建設すると発表した。

建設は3期にわたって行う計画で、第1期区間の開業は2026年。全線開通は28年を予定する。

第1期では、MRT南北線(NSL)チョアチューカン駅と東西線(NEL)ブーンレイ駅をつなぐほか、ブーンレイの手前からタワスまで西に延びる支線を建設する。

第2期では、テンガからジュロン・イースト駅を通りパンダン貯水池までの支線を開通させる。

第3期では、タワスから南洋工科大学(NTU)までと、ブーンレイ駅からジュロン・ピアまでをそれぞれ延伸する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近雨が多くなってきた…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

金融向けの生体認証技術紹介 NEC、フィンテック展示会に出展(11/15)

ジェトロ、3年連続でフィンテック展示会出展(11/15)

露サイバー防衛企業、国際事業本部を設置(11/15)

年内の妥結断念、RCEP「19年目指す」(11/15)

関税撤廃の拡大へ努力、韓ASEAN首脳会議(11/15)

8万人の人材育成支援、安倍首相が表明(11/15)

平和条約交渉の加速提案へ、安倍首相(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン