事業領域広げる総合商社 新収益源の確保狙うも業績は明暗

韓国の総合商社が事業領域の拡大を加速させている。韓国の商社は貿易や流通を主な事業とするが、近年は資源開発や再生可能エネルギー発電、自動車、家電などの新事業育成に取り組む。新しい収益源を確保するのが狙い。ただ、最大手のポスコ大宇とサムスングループのサムスン物産が…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、5G設備で強気 世界シェア2割目標(19:12)

2年で33.6万人の雇用減、週52時間労働制で(18:35)

50周年の斗山産業車両、22年売上高1500億円(18:35)

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(18:05)

マクアケが韓国同業と提携、日韓で出資募る(18:51)

テイクオフ:スポーツの国際大会で自…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

韓国中小のベトナム進出拡大 輸出は国別2位、現地日系に供給も(07/16)

19年の最低賃金8350ウォン 10.9%上昇、零細企業の負担増に(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン