事業領域広げる総合商社 新収益源の確保狙うも業績は明暗

韓国の総合商社が事業領域の拡大を加速させている。韓国の商社は貿易や流通を主な事業とするが、近年は資源開発や再生可能エネルギー発電、自動車、家電などの新事業育成に取り組む。新しい収益源を確保するのが狙い。ただ、最大手のポスコ大宇とサムスングループのサムスン物産が…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

農協銀行がチャットボット導入、金融では初(17:57)

韓国社の地場ソーラー株取得、競争委が承認(19:11)

GSとSK、物品保管サービスを開始(16:40)

SKCが中国に合弁、酸化プロピレンを生産(17:57)

テイクオフ:1997年に韓国を襲っ…(12/10)

「米中貿易戦争過熱」が1位 金融システムへのリスク要因で(12/10)

大企業の支配構造再編は表面だけ、公取委(12/10)

SKハイニックス、新社長に半導体専門家(12/10)

大企業への監査時間、19年から2倍に(12/10)

ロッテ、インドネシアを石化拠点に(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン