2日指数は反落、ハイテク値がさ2銘柄が軟調

2日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前営業日(4月30日)比39.07ポイント(0.37%)下落し10,618.81ポイント、売買代金は1,277億2,300万台湾元(約4,710億円)だった。 米アップルが1日に好決算を発表し、同社株価が上昇したが、労働節休場明けの集中市場では、アップル…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

フーデックスで日本輸出増へ 台湾の出展、過去最大規模に(02/22)

台湾マイクロン、19年は1千人採用へ(02/22)

中油の戴董事長、労組が批判で退任か(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

台湾ユニクロ、19年春夏新商品を発表(02/22)

達方が世同金属を傘下に、電動アシスト強化(02/22)

康タイ科技、AIラベルプリンターを発表(02/22)

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

麗宝、30億元投じレジャー施設建設(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン