• 印刷する

パナソニック、今年はテレビ25モデルを投入

インドネシアのパナソニック販売子会社パナソニック・ゴーベル・インドネシア(PGI)は2日、今年発売するテレビ25モデルを発表した。今年は、買い替えなどで一つ上の高品質なモデルを購入してもらうよう販売戦略を強化する。昨年に引き続きテレビの売上高2桁増を目指す。

フルハイビジョン(HD)の約4倍の解像度を持つ「4K」に対応した4K有機EL(OLED)テレビを2モデル、4K対応テレビを8モデル、標準型のHDテレビ15モデルを6月に発売する。

OLEDテレビは65インチの「EZ1000」と55インチの「EZ950」を投入する。新技術の導入で明暗や色調の表示範囲が拡大し、より忠実な色再現が可能になった。両モデルは最新技術を採用した旗艦モデルとして位置付ける。価格はそれぞれ6,000万ルピア(約47万円)と3,500万ルピアで、マレーシアから輸入する。

PGIの多田直之取締役(マーケティング担当)は「低価格帯は価格競争が激しいが、高級モデルはまだ需要が少ない。(買い替え時などに)現状より少しだけ高品質なモデルにステップ・アップを提案していく」と述べた。今年はサッカーのワールドカップ(W杯)やアジア大会など、大型スポーツイベントが開催されることから、テレビの需要増加が期待されている。

PGIは今年、最新技術を搭載したOLEDテレビ2モデルを投入する=ジャカルタ(NNA撮影)

PGIは今年、最新技術を搭載したOLEDテレビ2モデルを投入する=ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

バリ州都の近代小売店、レジ袋使用が9割減(02/22)

国道23 キロをプラ混合アスファルトで舗装(02/22)

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

ホンダ、MPVなど2車種マイナーチェンジ(02/22)

政策金利、3カ月連続6.0%で据え置き(02/22)

ニールセン消費者信頼感、世界3位(02/22)

国内タイヤ工場の稼働率、6割に低迷(02/22)

政府が石油・天然ガス探査に11億米ドル支出(02/22)

西ジャワ空港、貨物便就航で収益向上へ(02/22)

宅配業者、航空輸送費値上げで陸海利用拡大(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン