• 印刷する

スマホ経由のネット利用、1日3.2時間に

米調査会社ニールセンによると、香港市民がスマートフォン経由でインターネットを使う1日の平均時間は2017年に1人当たり3.2時間となり、前年の2.8時間から14%増えた。

ネット利用者のうち97%がスマホ経由。スマホ経由のネット利用者は4%増えた。一方、パソコンやタブレット端末からネットを利用する市民は2%減少した。

スマホでのネット利用は新聞や雑誌にも影響を与えている。ニュースの閲覧者数は3.3%増え、このうち交流サイト(SNS)を通じたニュース閲覧は2%増加。ウェブサイトやアプリ経由の閲覧は2%減った。ソーシャルメディアが雑誌(週刊・月刊)の閲覧者を2%押し上げた。

スマホを持つ市民の数は17年に493万人。前年の470万人から約5%増えた。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

低技能職に就く大卒者が増加 学歴と職種のミスマッチが悪化(12/19)

香港スタートアップ指数、人材の評価低く(12/19)

9~11月の失業率、8期横ばいの2.8%(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

金銀業貿易場、ブロックチェーンで金取引へ(12/19)

3日続落、節目の26000下抜け=香港株式(12/19)

海通国際、ウェルスマネジャー500人増員へ(12/19)

Xマス・正月の出入境者数、1349万人を予想(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン