• 印刷する

テイクオフ:5カ月ほど前に訪れたタ…

5カ月ほど前に訪れたタイの首都バンコク。空の表玄関の一つ、スワンナプーム国際空港で入国審査場に入ったところ、いやはやすさまじい混雑ぶりだ。大混雑の主役は中国人旅行客。「大型連休でもないのに、こんなにもタイに押し寄せているのか……」。チャイナ・パワーの威力を目の当たりにし、あらためて脱帽した次第。

バンコクはショッピングモールがどんどん増えている。その結果、昔からの看板だった観光とグルメに加え、ショッピング面も非常に充実した大都市になった。中国人にとっても観光地としての魅力が一段と増したことはまず間違いない。

タイに限らず、東南アジアでは観光業が基幹産業の一つになっている国が多い。必然的に中国人誘致に熱が入る。今はタイが優勢のように見えるが、今後の他国の頑張りで、将来は地図が塗り変わっているだろうか……。(乾)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪政府、香港企のAPA買収を正式に却下(16:35)

中国のスマホシェア0.7%、サムスン電子(16:37)

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(16:57)

中国の納税時間3割短縮、世銀とPwC調査(16:43)

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

テイクオフ:広州モーターショーから…(11/21)

今年の訪日客は800万人超え 携程が予測、来年のビザ緩和期待(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン