米が優先監視に印など12カ国、知財保護で

【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は27日、貿易相手国の知的財産保護に関する状況を分析した年次報告書を発表した。中国、カナダ、ロシア、インドなど12カ国を知財保護に重大な懸念がある「優先監視国」に指定した。今後、2国間で協議し、知財保護策の強化を要求する。…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オンラインの買い物が素…(06/25)

デジタル関連事業の拡大推進 シングテル、全売上高の24%に(06/25)

照明市場、LEDが7割に パナ傘下、4年でシェア6%狙う(06/25)

家電ゴドレジ、洗濯機生産を1.5倍に拡大へ(06/25)

EV補助金、乗用車を対象外に(06/25)

シュコダ、独VWのプラットフォーム導入へ(06/25)

サプラエナジー、9件18億リンギの受注獲得(06/25)

二輪ロイヤル、本年度は95万台を生産見通し(06/25)

携帯レモンモバイル、強化ガラスを生産へ(06/25)

インドへの電子ビザ、発給手数料を無料化(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン