• 印刷する

外国人労働者の基本給、月額2千元引き上げ

台湾の労働部(労働省)はこのほど、製造業に従事する外国人労働者の最低賃金を月額約2,000台湾元(約7,370円)引き上げた。違反した場合、雇用主に30万~150万元の罰金が科される。

27日付工商時報によると、食品や飼料製造、紡織、プラスチック製品製造、電子部品製造など計26業種が対象。大半の製造業で、特殊な時間帯(午後10時から翌日午前6時)に勤務する外国人労働者の最低賃金を現行の2万6,410元から2万8,800元に、それ以外の時間帯に勤務する労働者については、2万2,008元から2万4,000元に引き上げる。

3月末時点での外国人労働者数は42万7,308人で、このうち製造業に従事する労働者が41万488人と全体の96.1%を占めている。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

月給3万元未満、3割に低下 最賃引き上げで給与水準が上昇(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

コウ康科技、名古屋に拠点開設(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

華新が桃園の用地取得、本部を建設(12/06)

富鴻網、台東で農業のスマート化推進(12/06)

国巨、R&D人材などを大規模採用(12/06)

ラーガンの売上高、4カ月連続で過去最高(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン