外国人雇用の大統領令、国会に委員会設置か

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が今年3月に発令した、外国人の雇用に関する大統領令『2018年第20号』について、野党が「国内労働者より外国人を重視している」と強く反発、この問題を討議する特別委員会設置を議会に要求する。失業率の高いインドネシアでは、大統領令が施行…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクの高架鉄道(B…(03/27)

【EV化に挑む】二大ニッケル産出国に明暗 製錬所誘致、隣国先行で比に焦り(03/27)

ホンダ、5年ぶり完成車輸出 2021年に四輪の輸出額を倍増へ(03/27)

MRT運賃、10キロ1万ルピアで決定(03/27)

情報通信レカム、同業FTの海外現法を買収(03/27)

情報通信レカム、同業FTの比法人など買収(03/27)

クラウドクレジット、水力発電の貸付開始(03/27)

ガルーダ、ボーイング社の説明会に不参加(03/27)

エアアジア、今年の目標乗客数は15%増(03/27)

国内初の風力発電所、設備容量を増強へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン