電子ビザ制度、19年初めまでに導入

ラオス政府は2018年末から19年初めまでに、入国ビザ(査証)を申請できる「Eビザ(電子ビザ)」制度を導入する見通しだ。当初の対象は観光客のみ。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が伝えた。 ビザ取得の利便性を高め、外国人観光客の誘致促進を図る。外務省高官によると、商用…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

タートルアン特区、管理事務所の起工式(11/08)

【アジアの穴場】フランス植民地時代の残照色濃く残る街 ターケーク(ラオス中南部)(11/08)

政府、消費財の輸入規制に特別班設置(11/07)

【RCEP】東南ア、成長期待に温度差 タイ経済の押し上げ効果は12%(11/07)

【NNA30周年記念座談会】アジアの30年 「あの時、その時、NNAは」(11/07)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】電動化、ASEANでじわり 本格普及は25年以降か(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン