• 印刷する

1~3月の税収7.6億ドル、前年から横ばい

カンボジア租税総局(GDT)によると、2018年1~3月の税収は7億6,100万米ドル(約831億円)となり、前年同期からほぼ横ばいだった。複数の現地メディアが伝えた。

コン・ビボル総局長が月例会合で明らかにした。GDTはここ数年、税務調査などを通じ、徴税の強化に取り組んでいる。納税者には支払い方法の周知に努めている。

2017年通年の税収は前年比27,8%増の19億3,000万米ドルだった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政治評論家キムソク氏、突然の釈放(08/17)

元野党党首の釈放、法の問題 与党、特恵関税停止は「宣伝」(08/17)

1~6月の特恵関税輸出15%増、商業省(08/17)

米が制裁強化、政府関係者などのビザ制限(08/17)

カールスバーグ、カンブリューの株買い増し(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

中国資本、カンポット州に関心(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

プノンペン、違法駐車の取り締まり強化(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン