元晶、太陽電池モジュール工場を5月量産

太陽電池とモジュール生産を手掛ける元晶太陽能科技(TSEC)は26日、屏東県で台湾最大級の太陽電池モジュール工場を完工した。今月末に稼働し、5月から量産体制に入る。 26日付蘋果日報などが伝えた。同社は2017年初めに屏東大慶工業区で1万4,342坪の土地を取得。第1期では…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信製造一般建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

三井物産が洋上風力発電に参画 彰化沖、玉山能源の株式50%取得(05/18)

1~4月二輪販売は26%増 50万台に、10カ月連続で2桁成長(05/18)

小米のカメラ部門新設、大立光電などに恩恵(05/18)

クアルコム、OPPO向け受注拡大か(05/18)

HTC、ブロックチェーン採用スマホ発売へ(05/18)

サムスンが大立光電製を採用、カメラレンズ(05/18)

499元の販促で残業、13県市が労基法違反認定(05/18)

台湾合作金庫銀の2営業所新設、中銀が認可(05/18)

三陽工業、ベトナムの工場跡地で不動産開発(05/18)

【プロの眼】「布袋劇」映画の製作秘話と今後の展開について(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン