18年成長率は6.7%、S&Pが予想を上方修正

大手格付け会社の米S&Pグローバル・レーティングはこのほど、フィリピンの2018年の国内総生産(GDP)成長率を6.7%と予想し、従来の6.5%から0.2ポイント上方修正した。GDP全体の6割を占める家計支出が、所得税減税でさらに拡大するとみており、19年についても6.6%から…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:突然の出来事だった。会…(05/21)

財閥7社、1Qは2桁の増収 一部で税制改革影響も好調継続(05/21)

国際収支は4カ月連続赤字、4月2.7億ドル(05/21)

今年成長率予測、BMIは6.5%に上方修正(05/21)

卸売物価指数、3月上昇率は5.4%に加速(05/21)

4月外国人証券運用、2.7億ドルの買い越し(05/21)

18日為替:$1=52.330ペソ(↓)(05/21)

国内最大コワーキングスペース、蘭社が開設(05/21)

SMモールがパンパンガ新店舗、同州4店目(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン