通信エアテル、価格競争激化で7割減益

インドの通信最大手バルティ・エアテルが24日に発表した2017/18年度(17年4月~18年3月)連結決算は、親会社株主に帰属する純利益が前年度比71.1%減の109億9,000万ルピー(約180億円)だった。国内の携帯電話市場での価格競争激化が業績に響いた。 売上高は12.3%減の8,368億7…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:マルチ・スズキが運営す…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

町の商店にPOSで競争力を 地場ヌッカド、22年に10万軒目標(07/16)

豊田合成が開発強化、グルガオンに営業所(07/16)

サンと米MS、EVソリューションで提携(07/16)

VW傘下のMAN、インド事業を見直し(07/16)

浄化槽ダイキアクシス、ムンバイに現法設立(07/16)

住宅設備コーラー、西部に製品の展示施設(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン