ヤンゴンの火事で健康被害、政府が大気監視

ミャンマー最大都市ヤンゴン管区政府の保健省は、郊外のゴミ廃棄場で21日に起きた火事で有害ガスが発生したことを受け、大気汚染を監視する体制を敷いている。火事は熱波によるもので、発生から4日を経ても燃え続けているという。ミャンマー・タイムズ(電子版)が25日伝えた。 …

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ100人超拘束 ヤンゴンで密航船拿捕(11/16)

欲しいのは「身分証1枚」 難民、帰還計画に怒り(11/16)

アルプス技研が職業訓練校 農業、介護分野で高度人材を(11/16)

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

〔寄り道〕「まるでピクニックみたい」。バング…(11/16)

ヤンゴン高架環状道、第1期は12社が応札(11/16)

〔政治スポットライト〕豪首相、サミットで外交問題打開目指す(11/16)

外銀、地場企業への外貨建て融資も可能(11/16)

外国投資は現政権下で増加、副計画・財務相(11/16)

ロヒンギャ帰還延期、バングラ「難民合意せず」(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン