• 印刷する

戦略性新興産業の生産額、1Qは9.6%増

中国工業情報省(工情省)は25日に開いた今年第1四半期(1~3月)の工業と通信業の動向を発表する記者会見の席上、同期の戦略性新興産業の生産額(付加価値ベース)が前年同期比9.6%増え、鉱工業生産額(一定規模以上の企業対象)全体の伸びを2.8ポイント上回ったと明らかにした。

黄利斌報道官の説明によると、戦略性新興産業のうちエコカーの生産台数は前年同期比で139.4%もの急増となった。産業用ロボットの生産台数は29.6%増。集積回路(IC)の生産量は15.2%増えた。ハイテク製造業の固定資産投資額は7.9%増。特に都市軌道交通、産業用ロボット製造、通信設備製造といったミドル・ハイエンド製造業の投資額はいずれも70%を超える高い伸びをみせたという。

通信分野では、第1四半期の第4世代(4G)移動通信システムのユーザー数は10億5,000万件。4Gのユーザー数は携帯電話ユーザー全体の72.2%を占めた。陳因報道官は、モノのインターネット(IoT)の産業チェーン整備が進んでいることなどを説明した、


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大きな竹ぼうきで歩道を…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

中国勢、EVの性能アピール 航続距離600キロも、広州MS(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

アップル向け工場のデモ収束(11/20)

独禁法の改正準備進む、運用指南も制定(11/20)

シー、テンセントのゲームの域内販売権獲得(11/20)

センチュリー21、首都の新複合ビルを販促(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン