マンダレーのセメント工場、住民が反対運動

ミャンマー北中部マンダレー近郊のパテインジーで23日、既存のセメント工場が周辺の環境破壊や住民への健康被害などをもたらしているとして、地域住民が対策を求めて抗議活動を行った。住民らは2015年にも同様の抗議を行ったが、対策は取られていないという。 24日ミャンマー・タ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・薬品製造一般社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン市街地、建物の耐震調査を推進(07/20)

ミャンマー英雄を追悼、アウン・サン将軍の命日(07/20)

エアバガンとエーペックス航空が免許取消(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

不動産需要が増加、教育部門の外資開放で(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

私立学校の新キャンパス、投資委が認可(07/20)

豪上場のマレー企業、不動産サイトに出資(07/20)

中部の国有ホテル、民間企業の運営権を剥奪(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン