24日指数は続落、外資連日の売りでリスク回避

24日の台湾株式市場で加権指数は続落。終値は前日比117.63ポイント(1.10%)下落し10,579.50ポイント、売買代金は1,583億7,000万台湾元(約5,810億円)だった。 前週20日以来、中国を含む外資による台湾株の大量売りが続いている。24日も外資が売り姿勢を継続していることが分か…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「2047年まで30年…(07/18)

テイクオフ:環境汚染の原因の一つと…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

今年の生産額2200億元規模に PC関連製品、サーバーなど好調(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

業成、サムスンから超音波指紋認証パネル受注か(07/18)

台プラのベトナム製鉄所、19年にフル稼働へ(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン