宇宙開発機構とエアバス、観測衛星で提携へ

タイ地理情報・宇宙技術開発機構(GISTDA)は、2基目となる地球観測衛星(TEOS)の開発で、欧州航空機大手エアバスと提携する計画だ。開発拠点は、東部ラヨーン県のウタパオ国際空港に設置する。24日付バンコクポストが報じた。 東部の経済特区(SEZ)「東部経済回…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

台湾、タイ人のビザ免除措置を1年延長(13:32)

テイクオフ:「それをやっちゃ、おし…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

サービス業は個別研修に人気 人材育成(下)日本品質で差別化を(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

日立ハイテク、アマタとシェア工場(07/16)

スマートID、スマートプラグの生産開始(07/16)

伊藤園、無糖ウーロン茶飲料を販売開始(07/16)

通信トゥルーのR&D施設、第2期開発へ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン